兆し

組合会館の桜は遡ること3年前より外来種のクビアカツヤカミキリによって、被害を受け、今までに3本が枯死し、伐採に至りました。

その3本とは別に、一部が枯死し、その部分だけが伐採となった桜が存在します。
    
         枯死する前の桜          伐採後(赤丸が伐採箇所)
 

 

この木は左上の写真のように二股に別れて生えていましたが、

その片方が食い荒らされ、元気な片方を残して枯死した部分は伐採となりました。

その後、栄養剤等で樹勢の回復に努め、またカミキリムシについても対策法がわかり、

対策を講じてきました。

その結果、今年は先日植樹された若木のような新たな枝が伸び、そこに蕾がついてきました。

 

様々な対策を講じた結果が目に見える形を、桜自身が復活の兆しを見せてくれました。

これからも継続的に対策を講じ、元気な桜を維持できるようにしていきたいです。

大阪木材工場団地協同組合に戻る